1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2011年8月号
  4. info2

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2011.AUGUST

  • info2「シミ」のお話
〈紫外線〉〈乾燥〉とならぶ、肌の3大老化原因は〈酸化〉です!
酸化とはサビつくこと
酸化したリンゴ
リンゴをカットしてしばらく置くと切り口が変色してしまいます。空気中の酸素により、リンゴが酸化したからです。くぎがサビつくのも同じ酸化が原因。私たちの身体やお肌でも同じように、空気によって酸化し、日々サビているのはご存じですか? 私たちは生きていくために酸素を取り入れていますが、その酸素の一部が身体のサビのもと「活性酸素」に変化してしまうのです。
活性酸素がお肌に与える影響
活性酸素はものを酸化する力がとても強く、体内に侵入した細菌やウイルスと戦って体を守ってくれます。ところが増えすぎると良い細胞まで傷つけて、老化を進める原因に。お肌では、コラーゲンやエラスチンなど、ハリや弾力を保つ線維を傷つけてシワやたるみができたり、メラニンを異常に発生させてシミになることもあります。
活性酸素を抑える成分
お肌の酸化を防ぐには
抗酸化作用のある食材
活性酸素は紫外線や喫煙、ストレスによって大量に発生します。一年中でもっとも紫外線が強い夏はお肌の老化が進んでしまう季節なのです。この時期こそ、積極的に抗酸化作用のある食材やサプリメントを摂取したり、お肌の酸化を防ぐ成分配合の化粧品をお使いになることをおすすめします。
抗酸化作用のある食材

*

バラエキスについて 特許成分サイクルプラス全アイテムに配合
センティフォーリア

美の女神ヴィーナスの象徴であるバラ“センティフォーリア”の花びらから抽出したナリス化粧品の特許成分。
1日中紫外線にさらされながらもみずみずしさを失わず、ドライフラワーにしてもなお鮮やかな色を保ち続けるバラに着目し、活性酸素の害を防ぐ成分がバラの花にあることをつきとめました。

何段階もの精製を経て、本当に必要な部分だけを丁寧に抽出するため、非常に純度が高く、1kgのバラの花びらからわずか0.6gしか得ることできない貴重な成分です。体内で発生した活性酸素を抑え、美しいお肌を保つ働きがあります。サイクルプラス全アイテムに配合されています。

水道水と、水道水+バラエキスを入れた容器に鉄製のくぎを入れた実験

*

*
シミ対策のポイント!
ビタミンE

ニンジン

ほうれん草

小松菜

カボチャ

レバー など

ビタミンC

ゴーヤ

ブロッコリー

パセリ

ピーマン

イチゴ

キウイ など

ビタミンA

アーモンド

植物油

大豆

うなぎ など

抗酸化をアップする食材例

*

サイトトップへ