1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2011年11月号
  4. info2

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2011.NOVEMBER

  • info1 お肌の「キメ」のお話
お手入れの 前に手を 温めましょう!
うすぐ訪れる…寒い季節のおすすめ乳液ケア

気温が低くなる時期、足先や指先が冷たいのは血液がうまく巡っていないから。お肌はさらに血行不良になりやすく、すみずみまで栄養が行き渡らなくなってしまいます。代謝や肌色が悪くなる、お肌の冷え性対策をしましょう。

(ケアする前には) 手をなるべく温めておきましょう。冷たいままだと毛穴がひきしまって、なじみにくくなります。

*
1
手のひらにエンリッチエッセンスを2~3プッシュ取り、手のひらで軽く温めます。
*
矢印
*
2
乾燥の気になる目元・口元を囲むようになじませます。
*
矢印
*
*
2
お顔全体に、内側から外側へ向かって、乳液をゆっくりと浸透させるようにのばします。

くるくる円を描くように、軽くマッサージすると、血行やリンパの流れが良くなります!指のすべりが悪くなったら、浸透したサインです。マッサージを終わってください。

*
矢印
*
1
特に乾燥している部分があれば、さらに1プッシュ取り、重ねづけします。
*
矢印
*
1
両手のひらで包み込むように、ゆっくり押さえ、手のひらが吸い付くくらいまで浸透させます。
*
*

*

寒い季節…乾燥対策の、生活アドバイス
*

寒い季節は、空気が乾燥していて、お肌はますます乾燥へ。日頃の生活で、ちょっと気をつけてみるだけで、違ってくるかも…。
1つでも2つでも心がけてみませんか?

洗顔はぬるま湯で 室内を加湿する

寒いからと言って温かいお湯で洗顔すると、お肌のうるおい成分が流れ出て、乾燥しやすくなります。熱くも冷たくもない人肌程度のぬるま湯で洗顔をしましょう。

乾燥から体とお肌を守る最大のポイントはうるおい。加湿器などで、室内の湿度を60%以上に保つように心がけましょう

* *
室温は寒いくらいで 冬でも水分補給

暖房温度を上げるとそれだけ乾燥しやすくなります。美肌のためにはちょっと寒いかな、と感じる20℃くらいが理想です。

「冬は汗をかきにくいから」と、極端に水分を摂らないのは良くありません。温かい飲み物で摂ると吸収が良くなります。1日1.5~2リットルの水分補給を心がけましょう。

* *
*

サイトトップへ