1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2012年5月号
  4. info2

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2012.APRIL

  • メラニン度チェック
  • 内側からの紫外線対策
ダブルの紫外線対策 日やけ止めで外側からの紫外線カット!
その1 毎日、日やけ止めを心がけましょう
紫外線には『UV‐A』『UV‐B』の波長の違う2種類があり、お肌に与える影響も異なります。
UV-A 【生活紫外線】と言われ、日常生活で知らない間にじわじわとお肌にダメージを与えます。波長が長いため窓ガラスや雲を通り抜けるので、室内や車内にいてもお肌の奥(真皮)まで届き、シワやたるみなどの原因になります。実はUV-Aは5月が一年でもっとも多くなります。 UV-B 【レジャー紫外線】とも言われ、海水浴や屋外スポーツでの日焼けの原因です。お肌の表面にダメージを与え、赤く炎症を起こし、シミ・ソバカスや乾燥の原因になります。
!

「UV-A」と「UV-B」をブロックする日やけ止め製品は「PA」と「SPF」の数値を参考に選びましょう。

UV数値が高いほど良いと言うわけではなく、日常と特別な日など、シーンに合わせた日やけ止めが必要です。数値の高い日やけ止めの中には、紫外線吸収剤を多く含むものがあり、お肌が敏感な方には負担になる場合がありますので、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などの表示があるものがおすすめです。
PA SPF 目安表 日やけ止めクリームの上手な塗り方
*
*

サイトトップへ