1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2012年9月号
  4. info1

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2012.SEPTEMBER

  • 組合わせ自由自在
今すぐ始めるサマーアフターケア。 この夏浴びた紫外線を、なかったことにー。夏に浴びた紫外線がシミやくすみとなって現れる秋。お肌のトラブルが定着する前に、夏のダメージを解消しておきたいですね。紫外線とも関係の深い肌老化の大敵を知って、健やかなお肌づくりにお役立てください。 『肌の3大老化原因』は紫外線、乾燥。そして《酸化》です!美しいお肌を保つために紫外線や乾燥対策が大切なことは良く知られていますが、《酸化》や《活性酸素》がお肌に多大な影響を与えていることをご存知でしょうか?
酸化とはサビること

私たちは生きていくために呼吸によって酸素を取り入れていますが、その酸素の一部が紫外線やタバコ、ストレスなどの影響で体のサビのもと「活性酸素」に変化してしまいます。リンゴをカットしてしばらくすると切り口が茶色く変色したり、クギがサビつくのも同じ酸化が原因です。私たちの体やお肌は日々サビているのです。

リンゴの酸化写真
 
活性酸素がお肌に与える影響

活性酸素はものを酸化させる力がとても強く、体内に侵入した細菌やウイルスと戦って体を守ってくれているのですが、活性酸素が増えすぎると良い細胞まで傷つけて老化を進める原因になります。若い頃は「抗酸化力」が強く、活性酸素を抑えることができますが、その力も加齢とともに弱まります。すると、お肌ではコラーゲンなど、真皮成分を傷つけてシワやたるみになったり、メラニン生成を活発にしてシミやくすみになることもあるのです。

活性か酸素は肌老化の要因に
*

サイトトップへ