1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2013年12月号
  4. info1

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2013.DECEMBER

  • 冬に負けないスペシャルケア
ふと鏡を見た時、「フェースラインがふっくらしたかも・・・」「目元のラインがぼやけてる」と感じることはありませんか? 毎日お手入れしていても、気付かないうちにお肌の老化が進んでいるのかも知れません。
ハリやうるおいに満ちたお肌は、若々しい印象を与え、満ち足りた毎日へと変えてくれるはず。
10年前のあなたの、キュッと引き締まった小顔を目指して、
お手入れしてみましょう。
まずはあなたの10年前の顔を撮影しましょう!
① 携帯電話やスマートフォンのカメラを「自分撮り」モードに設定します。
② ひじを伸ばして、まずは正面で撮影します。現在のあなたの顔ですね。
③ 次に、手をななめ上に伸ばして、上の方を見上げるようにして撮影します。
    フェースラインやほうれい線もスッキリ。そこには10年前のあなたの顔が写っています。
    本来のあなたが見えると、お手入れに力が入りますね。
たるみが気になる場所と年代
たるみ毛穴【30代前半~】
ほほの毛穴が目立ってきたら、たるみの初期サインです。毛穴そのものが大きくなるのではなく、毛穴の周りの皮フがゆるんで重力に負けて広がってしまうのです。
ほうれい線【30代後半~】
小鼻の横から口角に向かう溝のこと。深いシワになる前に、表情ジワのうちにケアすることが大切です。
ひたい/首・耳の後ろ【40代前半~】
体重が増えていないのにアゴのラインがすっきりしないのは、フェースラインのたるみが原因です。
目元のたるみ【40代後半~】
下まぶたが膨らんだり、上まぶたが垂れ下がったりして、疲れた印象や老けた印象を与えます。
特に皮フの薄い部分なので、ケアする際も力を抜いてやさしく行いましょう。
口のまわり【50代~】
若い頃はすぐに消えていた口元の表情ジワ。加齢とともに表情筋が衰えるためにシワが定着します。保湿はもちろん、マッサージでケアすることが必要です。
小顔のヒミツはコラーゲン
皮フを内側から支えて、ハリや弾力を保っているのは『コラーゲン』です。しかし、紫外線や活性酸素によるダメージ、加齢などの影響でコラーゲンが変質すると、お肌はゆるみ、たるみ、しぼんだ印象に見えてしまいます。特に、気温の低い冬は血行が悪く、お肌のすみずみまで栄養が行き渡りにくくなり、コラーゲンを作り出す力も弱まります。
使うほどうるおいと弾力が増すクリームケアを!
他のスキンケアアイテムと比べ油分を多く配合しているため、強力な保湿効果でお肌のうるおいを保ちます。特に夜のケアで使用すると、おやすみ中に活発になるお肌の生まれ変わりに相乗効果が期待できます。「美容クリームはまだ必要ない!?」と思われている30代の方も新陳代謝や保水力など、肌力はだんだん弱くなっています。ぜひクリームケアでお肌の違いを実感してください。
エンリッチ クリーム サイクルプラスシリーズの中で美容保湿成分をもっとも高濃度に配合。贅沢な美容成分をお肌のすみずみまで届けて、ハリと弾力のあるお肌に導きます。
エンリッチ クリーム

(30g)約2ヵ月分※

5,880(税込)
※ 使用量により、個人差があります。
豊かなコクでお肌に溶けこむようになじむクリームで、長時間保湿効果を発揮します。

サイトトップへ