1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2014年3月号
  4. info1

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2014.MARCH

  • 洗顔レッスン&お肌へのやさしさ
お肌が敏感になりやすいこの季節は・・・洗顔で美肌を育てましょう。
季節の変わり目は、気温の変化にお肌が対応できず「ピリピリ」したり「むずむず」とかゆみを感じたり、不安定になりがちですよね。
また、少しずつ強くなる紫外線や花粉などの影響で肌荒れを起こしてしまうこともあります。
普段なら刺激と感じないものにまで反応してしまうことがありますので、厳しい条件が重なるこの時期は、いつも以上にお肌をいたわってあげましょう。
うるおいがあり健康なお肌 うるおいがなくバリア機能が崩れたおはだ
うるおいと『バリア機能』

お肌の一番外側の角質層は、細菌などの異物が体内に入らないように守り、また内側の水分が蒸発するのを防ぐ役割を果たしています。この働きが「バリア機能」です。
健康なお肌では、角質細胞の周りをセラミドなどの細胞間脂質が取り囲むようにして、うるおいを保ってバリア機能を発揮します。

しかし細胞間脂質などが減少してうるおいが奪われたお肌では角質層は反り上がってカサカサと粉を吹いたようになり、そのすき間から体内に刺激物質が入ると、かゆみが出たりするのです。乾燥肌が敏感になりやすいのはこのような理由からです。

スキンケアは洗顔から始まっている

「洗えば洗うほどキレイになる」と一生懸命に洗顔することが、肌トラブルの原因になることもあります。お肌を強くこすって角質層を傷つけ、セラミドなどのうるおい成分が流れ出てしまうからです。逆に、正しい洗顔をしていれば、その後に使う化粧品のなじみ方に差が出て、美しいお肌を育てることもできます。それほど洗顔は大切なステップなのです。

お肌に触れる時、力が入りがちなほほ骨の部分に赤みやシミ、乾燥が気になる方は、その原因が洗顔にあるかも知れません!ぜひ、洗顔方法をチェックしてみてください。

サイトトップへ