1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2014年10月号
  4. info1

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2014.October

  • 「メラニン対策」と「保湿」が決め手
巡り
「最近、お肌がくすみがち・・・」という方!
くすみの原因は、夏の紫外線による日やけのせいだけでは
ありません。
美しいお肌を保つためには『巡り』が大切です。
この『巡り』とは西洋医学では新陳代謝や呼吸、血流などの循環をいい、東洋医学では気・血・水などと表現されます。
巡りは加齢とともに悪くなり、さまざまな病気の原因になったり、お肌にもトラブルが現れるのです。
3つの巡り

呼吸や代謝などに必要なエネルギー

細胞に元気がなくなり、新陳代謝が
乱れてくすみやゴワつきに

血液以外のリンパや汗などで
老廃物を排出しながら、
水分バランスを保ちます

余分な水分や老廃物が溜まってむくんだり、バランスが崩れて乾燥肌に

血液が体のすみずみまで栄養素を運びます

冷えや目の疲れで血液が溜まって目の下のクマに

あなたの“くすみ”はどのタイプ?

紫外線を浴びたお肌はメラニン色素をどんどん作り出します。健康なお肌では古い角質とともにメラニンもはがれ落ちますが、新陳代謝が乱れたお肌ではそのまま蓄積されて、くすみやシミの原因になります。

長時間エアコンの効いた室内にいたり、シャワーだけで済ませていると、血流が滞って血色が悪くなることも。お肌に酸素や栄養が行き渡らず、代謝が悪くなりお肌は暗く見えます。

古くなった角質がお肌にとどまって、角質層が厚くなると水分不足となり、お肌の明るさや透明感がなくなります。

良い巡りのための生活アドバイス

① 背筋を伸ばし、鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、おへその下に空気をためていくイメージでおなかをふくらませます。

② 次に、吸うときの倍の時間をかけて、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこませながら、すべて出しきるように息を吐きましょう。

③ 1日5回くらいから始め、慣れたら10~20回まで増やしてみましょう。

ふくらはぎは、心臓から足元へ送り出された血液を、再び心臓に戻すポンプの役割をします。
つまり、歩くことは血液の循環を促すことにつながるのです。自動車移動が多い方や長時間デスクワークの方は特に、できるだけ歩こうという意識を持ちましょう。

水分の摂りすぎはむくみにつながります。一般的に成人に必要な水分量は約1.2?。これには食事の水分も含まれるため、実際に飲む量はそれほど多く必要ありません。「のどが渇いた」と感じる前に、こまめに水分を摂りましょう

※病気等で水の摂取量を制限されている方は医師の指示を受けて飲む量を決めてください。

サイトトップへ