1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2015年6月号
  4. info2

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2015.JUNE

  • 目立つ毛穴の原因は?

毛穴の汚れをしっかり落としてくすみのない、透明肌を手にいれましょう。

毛穴につまった汚れはクレンジングオイルで溶かして落とす
その日の汚れをその日のうちにしっかり落としていますか?
ウォータープルーフの日やけ止めやファンデーションは、1日が終わると汗や皮脂、ほこりと混ざって、皮脂汚れになっています。
一度、角栓になってしまうと、なかなか取り除くことができません
汚れをしっかり落とすことは、その後に使う化粧品の浸透を促すためにも大切なステップ。
汚れを溶かし込んで、毛穴の大掃除をするクレンジングオイルを使って、汚れがたまらないお肌に。
皮脂の成分によく似たマカダミアナッツオイルを使用。厚みのあるオイルがお肌にスルスルのびて、メークとすばやくなじみます。お肌に負担がかかりません
水となじむのが早く、すっきり洗い流せます。すすいだ後はしっとり、なめらかな洗い上がりです
2,000(税抜)
オイル クレンジング

(120mL) 約2ヵ月分

☆汚れをためないクレンジング方法☆
毛穴の汚れやざらつきが気になる部分は、念入りに指先でくるくるとなじませる
4指全体を使い、力を抜いて、ゆっくりと大きく円を描くように!
デリケートな部分は、中指と薬指でやさしくなじませる
ぬるま湯の場合は人肌程度が目安です。温度が高いと、乾燥の原因に!
ただし、ニキビができている時、炎症がある場合はオイルクレンジングのご使用を
控えてください。
キレイのプチMEMO オイルクレンジングは、お肌に刺激が強すぎない?
しっかりメークでも、簡単に落とせるオイルクレンジングは、「必要な油分まで取り過ぎて、お肌が乾燥してしまう」イメージがあるかも知れません。しかし、保湿効果が高く、お肌のうるおい成分を洗い流さないタイプのオイルクレンジングなら、乾燥肌の方にも安心してお使いいただけます。メークとなじみやすく、お肌をこすらずにクレンジングができるオイルタイプはとても便利で、優秀なアイテムなのです。
やさしい洗顔でお肌をいたわる
強力な紫外線やエアコンによる乾燥など、ダメージを受けたお肌はとてもデリケート。
洗顔のしすぎは角質層を傷つけ、セラミドなどのうるおい成分が流れ出て、乾燥しやすくなるのです
健康な美肌を保つために、できるだけお肌に負担をかけずに汚れをしっかり洗い流すことが大切です。
ハトムギ由来のヨクイニンエキスを配合。かさつきやすいお肌をしっとりと洗い上げます。
ホイップクリームのようなキメ細かい泡が毛穴やキメのすみずみまで入り込んで、皮脂汚れやクレンジングをすっきりと洗い流します
2,000(税抜)
クリーミィ ウォッシュ

(100g) 約2ヵ月分

キメの細かい泡が特徴です!
泡立てると、まるでホイップクリームのようなコシのある泡になります。弾力のある泡なので、1円玉を乗せて時間がたっても、沈み込んでいきません。
☆お肌をいたわる洗顔方法☆
何度か予洗いをして、汚れと泡がじみやすい状態にしましょう。
手と顔の間で泡がクッションになり、お肌を摩擦から守ります。
泡をのせるのは、皮脂分泌の多いTゾーンから。
キレイのプチMEMO 朝は洗顔料を使っていないのですが・・・
眠っている間に分泌された皮脂や夜につけた栄養クリームなど、時間が経って酸化するとお肌の老化原因になります。朝に、水洗いだけでは皮脂汚れが残ってしまいます。一日2回洗顔料を使って汚れを洗い流し、その後に使う化粧水や乳液が浸透しやすい状態にリセットしましょう。

サイトトップへ