1. ホーム
  2. キレイ・ナビ(スキンケア情報)
  3. 2016年1月号
  4. info1

毎月のキレイ、サイクルプラスから

KIREI*NAVI 2016.JANUARY

  • 印象が変わるお肌のお手入れ
欲しかったのはこのハリ、このうるおい
きちんと保湿ケアをしているのにお肌がカサつく、ツヤがないという方は、水分ではなく油分が不足しているのかも知れません。 気温や湿度がもっとも低くなるこれからの時期は、とくに新陳代謝が悪くなり、お肌は乾燥しがちです。 毎日のお手入れに、油分と水分をバランスよく補ってお肌をうるおいで満たす乳液で、 印象を高める『なめらか肌』を手に入れましょう。
セラミドの量が約半分に減少!
●角質層によくなじみ、柔らかなお肌に。
「化粧水でお肌に補給した水分が蒸発しないようにカバーする」だけが乳液の役割ではありません。乳液には水分と油分、美容保湿成分がバランスよく配合されています。
お肌の天然の保護クリーム『皮脂膜』と似た構造をしているため、乾燥してかたくなった角質層によくなじみ、柔らかなお肌に仕上がります。
●減少するセラミドの補給が大切です
また、保湿成分の中でもお肌のバリア機能を支える主成分セラミドが配合されていると、さらに効果的です。健康なお肌の角質層では、レンガのすき間を埋めるセメントのように、セラミドが細胞同士をつなぎとめてうるおいを逃しません。
しかしセラミドは加齢とともに量が少なくなり、50代では20代の半分になるというデータもあります。減少したセラミドを強化するケアで、うるおいのある、なめらかなお肌を育てることができるのです。

サイトトップへ