1. ホーム
  2. Kirei*Navi
  3. コスメコンシェルジュ 小西さやかの美肌コラム~美肌への近道-洗顔について~

コスメコンシェルジュ 小西さやかの美肌コラム
~美肌への近道-洗顔について~

雑誌やメディアで活躍!
日本化粧品検定協会の小西さやかさんに、 サイクルプラスについて語っていただきました。

写真:コスメコンシェルジュ 小西 さやか

コスメコンシェルジュ 小西 さやか
日本化粧品検定協会代表理事。化粧品の研究開発に携わり、各種メディアで新作コスメを評価。
現在は「日本化粧品検定協会」代表理事として活動し、お手軽な方法でキレイになる「なまけ美容」を提唱。著書に「なまけ美容入門」(主婦の友社)、「日本化粧品検定協会公式コスメの教科書」(主婦の友社)、「効果が9割変わる『化粧品』の使い方」(青春出版社)ほか。

みなさんは、ふだんどのような洗顔をしていますか?
私たちは美肌に近づくため、日々美容液などによる「与える」ケアには力をいれますが、汚れを「落とす」洗顔は後回しにしてしまいがちですよね。
ですが、実は洗顔は、見直すだけで美肌度がグンと上がる「隠れ美肌近道」なのです。
では、なぜ洗顔が重要なのでしょうか?今回は、朝と夜の洗顔の目的からお話しをさせていただきますね。


まず朝の洗顔の目的は、寝ているうちに分泌された汗や皮脂、ほこりなどの汚れを落とすことです。
最近は、朝は水洗顔にしている、という方も増えていますよね。ですが実はこれ、あまりおすすめはできません。というのも、水洗顔でも汗やほこりなどの水溶性の汚れはとれますが、皮脂汚れは残りやすいからです。
そうして落としきれなかった皮脂はニキビや肌老化の原因にもなりますし、洗顔後につけるスキンケアの浸透も悪くしてしまいます。お肌が乾燥するなら、皮脂の多いTゾーンだけに泡をつけて洗う部分洗顔がおすすめです。


一方夜の洗顔は、ほこりや汗などの汚れをオフすることに加え、肌に残ったクレンジング料やメークのオフ、そして肌のアカである古い角質や余分な油分をオフするという目的があります。
そのため、メークを落とすクレンジングと、古い角質や油分を落とす洗顔を、それぞれ行う必要があります。一方、「ダブル洗顔不要」と書いてあるものであれば、クレンジングが肌に残りにくく一度で洗い流すことができます。時間がないときや手軽に終わらせたいときにおすすめです。
夜の洗顔でしっかり汚れをオフできていないと、ターンオーバーが遅れて余分な角質がたまり「角質肥厚型のくすみ」につながってしまうので気を付けましょう。

このように、洗顔は美肌に近づくためには欠かせないものです。
洗い流してしまう洗顔料は「肌に美容成分がとどまるわけではないし、落とせればなんでもいいや」と思われがちですが、落とし過ぎない洗顔も重要です。

たとえば、洗顔後の乾燥が気になっている方にぜひ試していただきたいのが、保湿成分配合の洗顔料です。うるおいを失いにくくするという調査結果もあり、汚れを落としつつしっとり感も得られておすすめですよ。
例えば、サイクルプラスのクリーミィ ウォッシュやダブルクレンジング フォームは、2種類とも保湿成分をたっぷり含んでいるので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

クリーミィ ウォッシュ
クリーミィ ウォッシュ

ダブルクレンジング フォーム
ダブルクレンジング フォーム

この機会に洗顔を見直して、隠れ美肌近道をこっそり進んでみましょう。そして周りの女性よりも一歩、美肌をリードしてしまいましょう。

 

<初めての方限定>1ヵ月サイズの化粧水に2,837円相当のプレゼントがついています。
ラインでビタミンCケアができるチャンスです!↓
お試しセット

 

Kirei*Naviトップへ 商品ラインナップページへ