1. ホーム
  2. Kirei*Navi
  3. あなたのシミはどのタイプ?美白ケアでシミが濃くなるヒミツ
日差し
いつの間にか肌に現れるシミ。
紫外線が体内まで届かないように、肌の表面で黒い傘=メラニンを広げているのです。
だから、メラニンを作らないためには、紫外線を浴びないこと
輝く素肌を保つためには、UVケアで紫外線から肌を守りながら
今あるメラニンを体外に排出することが必要です。
あせらずにコツコツとシミ対策に取り組みましょう。
シミにもいろいろな種類があり、その原因によってお手入れ方法もさまざまです。
あなたはどのタイプのシミが気になりますか?

ニキビやケガなどで炎症が起きた後に、茶色くシミとなって残ったものです。

繰り返し紫外線を浴びることで、30代頃からほほやこめかみなどに多くできます。小さなシミが多発したり、大きなシミが単発ででき、黒っぽく境目がはっきりしています。

女性ホルモンのバランスが乱れた時に紫外線を浴びると、ほほや鼻の下に左右対称にできます。色は淡い茶色や灰色で“もやっと”できるのが特徴です。

遺伝的なソバカスは10代から見られ、ほほや鼻に小さく散らばるようにできます。

見た目は老人性色素斑に似ていますが、表面が盛り上ってざらついているのが特徴です。

毎日フルコースのケアを続けるのは大変。夏こそおすすめしたい、エンリッチジェルクリーム
抗酸化効果を期待できる特許美容保湿成分バラエキス
美容液・乳液・クリームの働きがひとつになったジェル状クリームです。
をトリプル配合。透明感とハリのある肌に導きます
みずみずしいクリームが肌にスーッとなじみます。肌表面はさらりとして、内側の潤いは続きます
エンリッチ ジェルクリーム
<美容液・乳液・クリーム>

50g 約2ヵ月分
5,600円(税抜)
※使用量により、個人差があります。
エンリッチ エッセンスクリームの効果的な使い方
ステップ
エンリッチ ジェルクリーム2~3プッシュ(パール粒大)を手のひらに取ります。
乾燥しやすい目元や口元、紫外線を浴びやすいほほ骨の部分に置いて、なじませます。
顔全体に、内側から外側に向かって広げます。
両手のひらでゆっくりと押さえ、手が吸い付くくらいまで浸透させます。
美白ケアを続けているのにシミが濃くなった?!

Kirei*Naviトップへ 商品ラインナップページへ